メニュー

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

しみの治療が好調です

2017/07/21

暑い日が続きますね。体調を崩される方も多くなってきていますので、気を付けてお過ごしください。

 

5月からサイノシュア社のピコシュアを導入しました。このレーザーでの治療が大変好調です。

 

 

頬の大きな日光性色素斑。 こういうしみがあると、見た目年齢がどうしても高く感じられてしまいます。

1回のレーザー治療でしみが綺麗に取れました。

 

 

 

 

ピコシュアは、シミの治療として、

①ショットうち(スポットシミ対応)

②トーニング(全体的なブライトアップ)

③ピコフラクショナル(トータルなアンチエイジング)

の3つの治療が可能です。

 

これまでQ-ruby、Q-YAG、Q-Alex,IPL、他社のピコレーザーと様々な機器でシミの治療をしてきましたが、これまでのレーザーの中で最も結果がよいレーザーだと感じています。

 

シミの治療で最も患者さんに理解いただきたいのが色素沈着が発生するリスクについてです。

 

黄色人種はレーザー治療後に炎症後色素沈着が起きやすい人種です。

 

通常3か月から6か月の経過で消失しますが、色素沈着が発生してしまうと

「せっかく治療したのに」

「シミがとれるのを楽しみにしていたのに」

「大事なイベントまでにきれいにしたかったのに」

と患者さんがとてもがっかりしてしまうため、私としてもどうにも心が重くなります。

 

 

ピコシュアでも色素沈着は発生するのですが、これまで使用してきたレーザー類と比較すると色素沈着の発生頻度はやはり格段に少ないように思います。

 

また、痂皮がはがれるのも顔では5日程度と、ダウンタイムが短いのも患者様に喜ばれています。

 

シミの治療もブログモニターさんを募集しております。

お薬代などは割引の除外ですが、レーザーの費用を割引させていただくことができます。

(2017年10月末まで)

カウンセリングのときにお申し付けください。

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間 10:30~19:00(土曜は18:00まで)
休診日 日曜

水・金曜の診察は美容皮膚科・脱毛専門
第4土曜のみ花井・土屋

上に戻る