すなおクリニック院長の美容情報ブログ

豊胸で注入の素材、相次ぐ合併症 学会が禁止

2018/11/27

おはようございます。

 

 

 

 

授乳がほぼ終了し、しぼんでしょげかえった胸をみては、悲しむ私。

 

 

 

先日、上の娘が私の胸をみて「かわいい」といった時には半泣きでした。(笑)

 

 

 

 

 

美容外科分野での豊胸の手段は(笑)

 

①シリコンバッグ挿入

②脂肪注入

③充填剤注入

 

の、3つがメインです。

 

 

 

日本美容外科学会(JSAPS)で報告が多いのは①または②の単独または組み合わせ。

 

 

もっともよいとされているのは脂肪注入ですが、

 

 

日本人はやせ型の人がおおく、自己の脂肪だけではどうしても量が

 

 

不足してしまうので、シリコンバッグ挿入を併用することも。

 

 

(ちなみに脂肪注入やシリコンバッグ挿入に合併症が

 

 

ないわけではないので、そこは注意が必要です。

 

 

しこり形成、カプセル拘縮、石灰化などなど。。

 

 

少なくとも私自身は、どちらの施術も受ける気にはなりません。)

 

 

 

 

 

一方で、実は充填剤注入についてはずいぶん前から、「ほぼご法度」でした。

 

 

 

 

 

本日、朝日新聞のネットニュースで、日本形成外科学会が充填剤注入による

 

 

豊胸を禁止したとの記事が流れていました。

 

 

 

基本的には、顔であってもどこであっても、「非吸収性の充填剤」の注入はご法度です。

 

 

これは、ある程度勉強している医師の間では、もはや常識。

 

 

 

 

 

また、豊胸に使用されてきた充填剤は「吸収性」をうたっていたとしても、

 

 

7年以上もつなどと大変長期の充填剤も存在していました。

 

 

 

 

これは「吸収性」といえるのか・・・?

 

 

それほど長期に体の中に残存していますとカプセル形成が起きて

 

 

体に本来備わっている分解酵素が働けなくなってしまい、しこりになったり感染の原因になったりしてしまいます。

 

 

結果、「非吸収性」の素材と同じことに。

 

 

 

 

 

京都界隈でも、まだまだ複数のクリニックが危ない注入剤を提供しています。

 

 

あれだけ注意喚起されているのにまだ使っているんだーと、驚く気持ちもありますが、

 

 

そこは他山の石。

 

 

私自身も情報をアップデートし続けないと、いつか同じ轍を踏むことになりますから、

 

 

常に危機感をもって診療提供にあたりたいと思います。

 

 

(アクアフィリング、アクティブジェル、アクアミド、オルガノ―ゲン(古いか)・・・施術を受けたらだめですよ!)

 

 

 

 

 

豊胸って、自分が受けたいと思うほどは良い方法がないなーと感じています。

 

 

当然、施術の提供もできませぬ。。

 

 

誰か、良い方法を編み出してくれないかな。

 

 

 

 

ひとまず上向きブラジャーを大絶賛探索中の私でした。

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間 10:30~19:00(土曜は9:30~18:00)

休診日 日曜

受付時間 10:00~19:30(土曜は18:30まで)

075-254-7331

カウンセリング予約

上に戻る