すなおクリニック院長の美容情報ブログ

漢方薬のことを・・・3

2020/07/11

すごい雨ですね。

 

 

しばらく続くようですから

 

 

皆さん注意して過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬の話の続きをば。

 

 

本日は「血」のチェックです。

 

 

血虚(けっきょ)のチェック

(血虚とは、血の質と量が足りないタイプです)

□顔色が悪く、唇や舌が白っぽい

□立ちくらみやめまいがする

□動悸や不整脈がある

□目が乾いて疲れやすい、目がかすむ

□つめが白っぽくなり、すじが入る

□足がつりやすい

□手足がしびれることがある

□皮膚がかさかさしている

□月経困難症があり、痛むこともある

□月経の出血量が少なく、周期は遅れがち

□眠りが浅い

 

 

お血(おけつ(いわゆる「オケツ」ではありません))のチェック

(お血とは、血の流れが低下し、身体のどこかで血が停滞しているタイプです)

□顔色や唇、歯茎が黒っぽく、目の下にクマができやすい

□吹き出物や湿疹がでやすい

□肌が荒れて、しみやそばかすが多い

□皮膚に細かい血管のすじが浮き出てくる

□肩こりなど、からだの一部がいつも痛い

□痛い部分を押すと、より痛くなる

□手足が冷える

□舌が紫色や濁った赤色になる

□月経困難症があり、強い痛みがある

□月経の出血量が多く血のかたまりがでる

□頭痛がする

 

 

 

当てはまるものがありますか?

 

 

お血の方には、桂枝茯苓丸や加味逍遥散、当帰芍薬散を

 

 

おススメします。

 

 

血虚の方は当帰芍薬散がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」

 

 

は、下半身の冷えがとくにつらい方、

 

 

シミができやすい方などにおすすめです。

 

 

滞った「血(けつ)」のめぐりを良くすることで、

 

 

のぼせや足冷えなどを感じる方の生理痛、

 

 

月経不順、月経異常などを改善します

 

 

 

 

 

 

 

 

「加味逍遙散(かみしょうようさん)」は

 

 

お血だけでなく気滞にも効果あり。

 

 

「血(けつ)」の不足から「気」が余り、

 

 

たまった「気」が熱に変わって

 

 

さまざまな症状を引き起こしている方に

 

 

向いている処方です。

 

 

私は生理前に

 

 

(寝転がってマンガをよむのび太君100%の)子供を

 

 

怒鳴ったら、はっと我にかえって

 

 

これを飲みます。

 

 

常時のむわけでなく、いざという時に飲むだけでも

 

 

ちゃ~んと効きますよ~。

 

 

気持ちが落ち着いて、

 

 

子供がちょっとくらい「のび太君」でもいいか、

 

 

と思えてきます笑

 

 

 

 

 

 

 

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、

 

 

足腰が冷える方、生理不順がある方などにおすすめです。

 

 

お血の症状だけでなく、むくみがきつい方にもよいですよ。

 

 

全身に大切な栄養素を与え、

 

 

血行を良くするのと同時に、

 

 

水分代謝を整えることで余分な水分を体からとり除いて、

 

 

足腰の冷え症や生理不順を改善します。

 

 

 

 

 

 

当院の漢方薬は全て1日2回タイプ。

 

 

内服はお昼の飲み忘れが多いので、

 

 

毎日服用するにはとても便利です。

 

 

もちろん、症状が強いときだけ服用する

 

 

使い方でもよいと思います。

 

 

桂枝茯苓丸は2週間分28包で1300円。

 

 

加味逍遥散は2週間分28包で1950円。

 

 

当帰芍薬散は2週間分28包で1300円。

 

 

いずれもドラッグストアなどと比べても成分が充実し、

 

 

当院の利益ほとんどなく(笑)、料金が安いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

美容医療の補助として、

 

 

内側から輝く自分づくりのために、

 

 

不調をクリアするために、、、

 

 

是非ご自身のタイプに合わせてご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

漢方は、もうええっちゅうに、

 

 

と思われているかもしれませんが

 

 

まだまだ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
10:30~19:00(火・土曜は9:30~18:00)

休診日 日曜

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

手術の予約について

「土屋手術枠」以外でも、手術のご予約を承ります。

受付時間
10:00~19:30(火・土曜は18:30まで)

075-254-7331

カウンセリング予約

上に戻る