メディカルダイエット・痩身の症例写真

クールスカルプティング(内もも・バナナロール)

治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後

バナナロールと内ももにクールスカルプティングを左右1サイクルで計4サイクル施術を行った症例です。
経過写真は、1ヶ月後のお写真です。
お尻の下から内ももにかけての脂肪がかなりすっきりととれました。1回の施術結果としては、とても良好です。

施術費用

¥238,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

クールスカルプティング(下腹部)

治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後

下腹部にクールスカルプティングを2サイクルずつ計4サイクル施術を行った症例です。
経過写真は、1ヶ月後のお写真です。

施術費用

¥238,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

クールスカルプティング(腰)

治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後

腰にクールスカルプティングを計4サイクル施術した症例です。
経過写真は、1ヶ月後のお写真です。

施術費用

¥238,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

クールスカルプティング(バナナロール)

治療前
治療前
治療1ヶ月後
治療1ヶ月後

バナナロール(お尻の下の脂肪)にクールスカルプティングを左右1サイクル、計2サイクルの施術を行った症例です。
経過写真は、1ヶ月後のお写真です。

施術費用

¥126,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

クールスカルプティング(二の腕)

治療前
治療前
治療2ヶ月後
治療2ヶ月後

クールスカルプティングは、痩せたい部分の脂肪を凍結・破壊し、体外へ排出させることで、部分痩せをかなえることができます。
死んだ脂肪細胞は、1~4ヶ月ほどかけて自然に体外に排出されます。
二の腕にクールスカルプティングを片腕上下2サイクル、両腕で計4サイクル施術を行った症例です。

施術費用

¥238,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

クールスカルプティング(膝上)

治療前
治療前
治療2ヶ月後
治療2ヶ月後

膝上のひざのお皿に乗る脂肪にクールスカルプティングを片膝2サイクル、両膝で計4サイクル施術を行いました。
膝上は「クールミニ」のアプリケーターを使用します。

施術費用

¥238,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・深部静脈血栓症
  • ・遅延性の疼痛、逆説的過形成、ピリピリ感、刺痛、うずき、痙攣、拘縮、過敏症、掻痒感、しびれ、赤発、腫脹、皮下硬結、施術部位の分界、血管迷走神経反射、重度の色素沈着、組織の凍結、皮膚反応、感覚異常、脂肪組織炎、泌尿器又は生殖器の異常、胃腸の異常、ヘルニア、発熱、震え、アレルギー反応、浮腫、低色素沈着
  • ・脂肪が増えてしまう有害事象(0.014%の頻度で発生する可能性がある)

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
10:30~19:00(土曜は9:30~18:00)

休診日 日曜

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

受付時間
10:00~19:30(土曜は18:30まで)

075-254-7331

カウンセリング予約

上に戻る