二重整形・眼瞼下垂症手術の症例写真

二重埋没法の症例写真

二重埋没法3点留め(両側)の症例写真

治療前
治療前
施術後
施術後

両目共に二重埋没法の3点留めを行った患者様の症例写真です。
埋没法はダウンタイムが極めて短いのが特徴。アイプチやアイテープのわずらわしさから脱出するため、手軽な埋没法を選択される方が増えています。
34Gという極細針での麻酔、8-0ナイロンという極細糸での施術、血管を避ける技術により強い腫れのリスクを低減しております。

施術費用

¥150,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・左右差
  • ・糸が取れてしまう
  • ・感染
  • ・出血

二重埋没法3点留め(両側)の症例写真2

治療前
治療前
施術後
施術後

両目共に二重埋没法の3点留めを行った患者様の症例写真です。
埋没法はダウンタイムが極めて短いのが特徴。アイプチやアイテープのわずらわしさから脱出するため、手軽な埋没法を選択される方が増えています。
34Gという極細針での麻酔、8-0ナイロンという極細糸での施術、血管を避ける技術により強い腫れのリスクを低減しております。

施術費用

¥150,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・左右差
  • ・糸が取れてしまう
  • ・感染
  • ・出血

二重埋没法3点留め(両側)の症例写真3

治療前
治療前
施術後
施術後

両目共に二重埋没法の3点留めを行った患者様の症例写真です。
もともと奥二重の方ですが、年齢的に瞼のたるみが生じ始めており、他の美容クリニックでは切らないと二重にはできないと言われたとのことでした。
切開のダウンタイムはどうしても取れない事、自然な二重幅で十分であるというカウンセリング内容から、埋没法で施術をさせていただきました。
埋没法はダウンタイムが極めて短いのが特徴です。
施術後には瞼のたるみ感が減少し、左右の二重のラインがそろいました。

施術費用

¥150,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・左右差
  • ・糸が取れてしまう
  • ・感染
  • ・出血

二重切開法の症例写真

全切開法(マイクロ縫合)の症例写真

治療前
治療前
施術後
施術後

マイクロ縫合による全切開法を行った患者様の症例写真です。
全切開法は、余分な皮膚や脂肪を除去しながら、比較的自由なデザインで二重ラインを形成することができます。
埋没法のようにラインが取れてしまう心配もありません。
皮膚のたるみが強い方、脂肪が多くまぶたが厚い方でも、すっきりした二重まぶたを手に入れることができます。
施術後のお写真は、術後2カ月が経過したものです。お顔立ちが華やかになりました。

施術費用

¥350,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ(個人差がありますが、大きな腫れのある期間は1~2週間程度)
  • ・皮下出血
  • ・二重の左右差
  • ・出血、感染、創離開
  • ・感覚異常

小切開法の症例写真

治療前
治療前
施術後
施術後

小切開法の治療を行った患者様の症例です。
埋没法を2回繰り返したものの、二重ラインがとれてしまったとのことでご相談いただきました。
「切開は怖い、だけど取れてしまう可能性のある埋没法を繰り返すことも抵抗がある」とのことで小切開法をご提案しました。
施術後は腫れも少なく、二重ラインを整えることができました。

施術費用

¥240,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・皮下出血
  • ・二重の左右差
  • ・出血、感染、創離開
  • ・感覚異常

眼瞼下垂の症例写真

眼瞼下垂症手術の症例写真(両側)

治療前
治療前
施術後
施術後

眼瞼下垂症の治療を目的として行う手術です。点眼液により角膜の麻酔を行ったのち、重瞼ラインに局所麻酔剤を注射し、ラインにそって切開を行います。眼窩隔膜を切開し、挙筋腱膜を瞼板そのものや瞼板前組織に対して2~4か所止め、皮膚を閉鎖します。手術時間は片側約20分です。
眼瞼下垂の患者さんは写真の症例のように上まぶたの凹みを生じていることがよくあります。
手術を行うことにより目のあきが良くなるだけでなく凹みの改善も期待することができます。

施術費用

¥350,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・出血、感染、創離解
  • ・二重の左右差
  • ・糸が取れてしまう
  • ・下垂の再発
  • ・感覚異常

眼瞼下垂症手術の症例写真(片側)

治療前
治療前
施術後
施術後

左目(写真では向って右)に眼瞼下垂症を生じていた患者様の症例です。
目の開きが悪くなり二重幅が広がっていたため、左目のみ挙筋前転法を行いました。
左目の開きが改善し、二重幅の左右差も小さくなりました。

施術費用

¥210,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・出血、感染、創離解
  • ・二重の左右差
  • ・下垂の再発
  • ・感覚異常

上まぶたのたるみ取りの症例写真

全切開法の症例写真

治療前
治療前
施術後
施術後

上まぶたのたるみ取り治療として、全切開法を行った患者様の症例です。
加齢とともに、瞼のたるみが生じはじめ、二重幅が狭くなってきていました。
術前シミュレーションでご本人と話し合って決めたとおり、全切開法により控えめな平行型の二重ラインを作成しました。
手術時間は約1時間。治療後のお写真は、施術から約2ヶ月半後です。
お顔立ちが若々しく華やかになりました。

施術費用

¥300,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ(個人差がありますが、大きな腫れのある期間は1~2週間程度)
  • ・皮下出血
  • ・二重の左右差
  • ・出血、感染、創離開
  • ・感覚異常

眉下切開法・埋没法の症例写真

治療前
治療前
施術後
施術後

脳梗塞のため左顔面神経麻痺を生じ、左側の眉毛挙上が困難になっていた患者様です。
眉毛の上方で切開を行う静的再建も検討しましたが、まずは眉下切開法で両眼の上眼瞼のたるみを除去する方針としました。
さらに左の瞼に埋没法の糸を2か所追加しました。
これだけでは麻痺があるため左右差を完全に消失させることは困難でしたが、整容的にまずますの結果となりました。
なお、眉下切開法は無料モニターとして施術をお受けいただきました。

施術費用

埋没法 2点留片側 ¥78,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・内出血
  • ・感染、創離解
  • ・左右差
  • ・感覚異常
  • ・左右差
  • ・糸が取れてしまう

眉下切開法の症例写真③

治療前
治療前
施術後
施術後

上瞼のたるみで、二重のラインが隠れ始めていた患者様の症例写真です。
眉下切開法により、たるんだ上瞼の皮膚を眉毛の下のラインで切除し、丁寧に縫合しました。
手術時間は1時間ほど。ご自身のもともと持っていた二重ラインが現れ、綺麗に整いました。
瞼が軽くなると、目が開きやすくなり、視界が広くなります。

施術費用

¥300,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・内出血
  • ・感染、創離解
  • ・左右差
  • ・感覚異常

眉下切開法の症例写真②

治療前
治療前
施術後
施術後

上瞼のたるみの治療として、眉下切開法を行った患者様の症例です。
上瞼のたるみで、二重のラインの外側が消失してしまっていたため、物を見るにも少し不便を感じていらっしゃいました。
眉下切開法により、たるんだ上瞼の皮膚を眉毛の下のラインで切除し、丁寧に縫合しました。
手術時間は1時間ほどです。

施術費用

¥300,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ(個人差がありますが、大きな腫れのある期間は1~2週間程度)
  • ・内出血
  • ・感染、創離解
  • ・左右差
  • ・感覚麻痺

眉下切開法の症例写真①

治療前
治療前
施術後
施術後

眉下切開法は上瞼のたるみの治療を目的として行う手術になります。
たるみにより伸びてしまった上瞼の皮膚を切除した患者様の症例写真です。
二重ラインでのたるみ取りと比較して外見上の大きな変化をおこさず、自然に目元をすっきりとさせることを目的とした手術です。
手術時間は1時間ほど。

施術費用

¥300,000(税抜)

考えられるリスク・副作用

  • ・腫れ
  • ・内出血
  • ・感染、創離解
  • ・左右差
  • ・感覚異常

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
10:30~19:00(土曜は9:30~18:00)

休診日 日曜

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

受付時間
10:00~19:30(土曜は18:30まで)

075-254-7331

カウンセリング予約

上に戻る