すなおクリニック院長の美容情報ブログ

漢方薬のことを忘れていた2

2020/07/10

漢方薬についての話題、続編です。

 

 

東洋医学では「気・血・水」が全身すみずみまで

 


バランスよく巡っている状態が理想とされます。

 

 

女性の肌と体調を美しく輝かせるためには

 

 

健康が何よりも大切。

 

 

 

 

 

 

 

「気・血・水」のゆがみを優しく整える漢方薬を

 

 

ベースとして使いながら美容医療を受けて

 

 

いただくことでその効果を高めることができます。

 

 

 

 

 

今回は「気」のチェックをしましょう。

 

 

まずは気が不足している気虚(ききょ)のチェックから。

 

 

1.気虚のチェック

(気虚とは、生命活動の根源的エネルギーである気が足りないタイプです)

□顔色が悪い、白っぽい

□疲れやすく、いつもだるい

□食欲がない、少食である

□かぜをひきやすい

□トイレの回数が多い、夜もトイレに起きる

□下痢をしやすい、便がやわらかい

□声が小さく、ぼそぼそと話す

□息切れがする、動悸がする

□冷えを強く感じる

□舌がむくんで大きくなり、歯形がつく

□汗をかきやすい

 

 

 

そして、気の巡りが悪くなっている気滞(きたい)のチェックを。

 

 

2.気滞のチェック

(気滞とは、気のめぐりが悪く、身体のどこかで停滞しているタイプです)

□怒りっぽい、すぐにカーっとなる

□いつも憂鬱で落ち込みやすい

□お腹が張って、痛い

□痛む場所が変わる、あちこち痛む

□げっぷやおならが多い

□せきが出たり、ぜんそくになったりする

□頭痛やめまいがする

□ためいきをつくことが多い

□月経不順になりやすい

□月経前や月経中に下腹部や乳房の張りがある

□のどや胸がつかえる

 

 

 

 

当てはまるものが多い方へ。

 

 

私は補中益気湯(ほちゅうえっきとう)をおすすめします。

 

 

「気」は、人の体を支えるすべての原動力のようなものなので、

 

 

「気」が不足している人は電池が切れた携帯電話のようなもの。

 

 

機能は壊れていないのに、動力がないので動けないのです。

 

 

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」は、

 

 

“中(体の内側)を補い気を増やす”という意味で名付けられています。

 

 

胃腸のはたらきを高め、食欲を出すことで「気」を増やし、

 

 

「気」を上のほうに動かしてめぐらせることで、

 

 

疲れを改善していく処方です。

 

 

 

 

 

 

 

毎日服用していただいてもよいのですが、

 

 

「疲れたな~~~~」「なんか元気がでないな~」

 

 

というときに、服用するだけでも結構速攻で元気がでます。

 

 

私は意外と(?)疲れやすく、

 

 

大体1か月に10回くらいはこれを飲みます。(^^;

 

 

色んな所が、かる~くなりますよ(^^)

 

 

 

 

 

 

 

市販のものより成分が充実しており、

 

 

1日2回の服用でOKな便利タイプ。

 

 

2週間分28包で2,520円(税別)です。

 

 

ほぼ利益なしの設定にして皆さんに元気に

 

 

綺麗になっていただこうと目論んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の漢方についてはまた次回ご紹介しますね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
10:30~19:00(火・土曜は9:30~18:00)

休診日 日曜

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

受付時間
10:00~19:30(火・土曜は18:30まで)

075-254-7331

カウンセリング予約

上に戻る