休診日 日曜

075-254-7331
075-254-7338

どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

刺激に弱い肝斑VS刺激が必要な日光性色素斑

2022/11/15

摩擦するだけでも悪化してしまうことのある

 

 

肝斑

 

 

レーザーでしっかりとエネルギーをいれて

 

 

ほぼ軽いやけどをさせるようにして

 

 

はがし取らなければ治らない

 

 

日光性色素斑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刺激しなきゃとれない子と、刺激したら悪くなる子。

 

 

この二つが混在していたら?

 

 

そんな時、

 

 

すなおクリニックではピコトーニングを使いながら

 

 

個々の肌に合わせた治療プログラムを組んでいます。

 

 

 

肝斑と日光性色素斑が混在しており、慎重に治療計画を練る必要がありました。

トーニング8回を含む美肌プログラムでこんなに綺麗に。

 

 

 

 

 

トーニング8回コースでせっかく綺麗になっていただいた後は

 

 

美肌をキープしていただくための

 

 

フォロートーニングというプログラムもあります。

 

 

定価35,000円のご治療が10,000円になるのもあり

 

 

受けていただくとそのたびに肌の調子がグッとよくなるのもあり

 

 

とても多くの方が継続して通っていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日家庭でちょっぴり反省した出来事が。

 

 

朝の用意にバタバタと奔走していたら

 

 

子供のお弁当を作りかけで放置し、

 

 

そのまま存在を忘れてベランダの花の手入れをしたり

 

 

自分の髪の毛の手入れをしたり、バタバタバタバタ。

 

 

すると夫が

 

 

「あの~。

 

 

〇〇ちゃんのお弁当、少し隙間があるみたいだけど・・・

 

 

もうあれで完成でいいのかな?」

 

 

と、遠慮がちに尋ねてきました

 

 

「うわっ忘れてたっ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

気づけば出発時刻寸前ではないですか。

 

 

ダッシュして戻り

 

 

続きを作りかけたけど

 

 

パパ、、、、「少し隙間が」っていうか、、、、

 

 

 

 

 

 

 

これで完成だったら

 

 

もはや虐待レベル。

 

 

 

 

 

 

 

夫があんなに遠慮がちだったのは

 

 

私がイラついてて怖かったのかなあ。

 

 

すいません。

 

 

海よりも深く反省しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
月 10:10~17:30
火 9:40~19:00
水 10:10~19:00
木 9:40~17:30
金 10:10~19:00
土 9:40~18:00
日 休診日

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

※iPhoneのSafariをご利用でカレンダーが表示されない場合は、Safariの設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにご設定いただくか、chromeのブラウザをご利用ください。

075-254-7331
075-254-7338
どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

症例写真や最新の美容情報をお届け!
すなおクリニック公式SNS

上に戻る