お電話から予約する

どちらの番号でもご予約を承っております

WEBから予約する

閉じる

お電話から予約する

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います。

どちらの番号でもご予約を承っております

  • ※12時から13時の間は繋がりにくいことがございます。
  • ※予約フォームやLINEのご予約は24時間対応しております。
    (営業時間外のご対応については翌営業日にご返信させていただきます)

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

【小顔ウルセラ】切らないリフトアップ~サーマクール+ウルセラ~

切らないでリフトアップする方法として

代表的な手法は

①照射系

②糸

ヒアルロン酸でのリフト

ですが、

どれもこれも、顔の変化量は大体同じぐらいだな~というのが

正直なところ。

いわゆる「もち」も大体みんな1年くらいです。

リフトアップ専用のヒアルロン酸、ボリューマは

2年かけて全量が分解されるといわれているけれど、

やはり1年もすれば靭帯の支えとしての能力はだいぶ失われています。

それでも、1年に1回ならまあ、許容範囲だという方や、

切るのは絶対避けたい、という人には

高い支持を得ています。

本日はサーマクール(ラジオ波でのリフトアップ)と

ウルセラ(最強のHIFU)(4.5mmを100ショット)

の組み合わせ治療をしてくださった

モニターさんのご紹介。

年齢とともに顔はだんだん丸くなり、さらに年月を重ねると四角くなります。私は生まれながらに丸いので、あとは四角くなるばかり。

ものすごくほっそりされて、卵型のフェイスラインに近づきました。

フェイスラインにミッキーマウスサインが少しでていましたが

すっきり。

フェイスラインのゆるみのため少し年齢が上にみえていました。

大変お若く、美しくみえます。

とてもよい結果がでましたね(^^)

モニターさんにご協力いただきありがとうございました。

これからの毎日が少しでもさらに

明るく楽しくなりますように。

リスクは熱傷、色素沈着、神経麻痺など。

コストはサーマクール300ショット327,800円(税込み)

ウルセラプラスが66,000円(税込み)

です。

サーマにはサーマのよいところがあり、

ウルにはウルの・・・

いや、略しすぎか

ウルセラにはウルセラの良いところがあります。

サーマクールは熱を広い面でいれることができるし、

照射禁忌の場所がないので顔中どこにでもあてられ、

3次元的な小顔効果が得られます。

一方、ウルセラはSMAS筋膜を引き締められるのが何よりも

素晴らしい。

それぞれの良いとこどりをしてもらえるよう、

サーマクールのオプションとして「ウルセラプラス」という

メニューがあるのです。

SMASを引き締めるため、4.5mmの深さのプローベで

100ショットだけ、ウルセラを照射します。

それからサーマクールを全顔にシャワー。

とてもお勧めです。

お顔立ちにより、お勧めできない人もいますので

まずはカウンセリングから。

10年~20年の「もち」を求めるひとには、手術です(^^)

前の投稿

鼻の毛穴解消コース

次の投稿

ワキのにおい・多汗症にミラドライ

最近の投稿

2024/02/27

コラーゲンサプリって効かないの?

#商品紹介

2024/02/17

フェイスリフト手術のモニターさん

【フェイスリフト手術】

2024/02/16

「あ、これいいな」と思って導入しました~

#商品紹介

もっと見る

土屋 沙緒人物写真

土屋 沙緒
Sunao Tsuchiya

京都の美容外科・美容皮膚科すなおクリニックの院長。医師として、そして一女性の立場から、ちょっと役立つ美容情報をお届けします。

タグ

まずは
お気軽にご相談ください

お電話から予約する
WEBから予約する

医師勤務予定表

診察時間(受付時間)

休診日 10:00~19:00 9:30~17:30 10:00~18:00 9:30~17:30 10:00~19:00 9:40~18:00
  • クーポン配信中
LINE予約 WEB予約
ページトップ