お電話から予約する

どちらの番号でもご予約を承っております

WEBから予約する

閉じる

お電話から予約する

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います。

どちらの番号でもご予約を承っております

  • ※12時から13時の間は繋がりにくいことがございます。
  • ※予約フォームやLINEのご予約は24時間対応しております。
    (営業時間外のご対応については翌営業日にご返信させていただきます)

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

【トレチノイン】ZOのレチノール製品

ビタミンAの話が続きます。

ZO therapeuticで使用いただく

トレチノインはの濃度は0.05%

当院でよく処方させていただく

ZOのレチノール製品、「スキンブライセラム0.5」

の濃度は0.5%

昨日も書いたように、レチノールとトレチノインでは100倍も

生理活性が違いますので、

トレチノイン0.05%とスキンブライセラム0.5の強さは

めっちゃめちゃ単純計算して10倍ちがいます。

トレチノイン0.05%が10倍強いのです。

そんなスキンブライセラム0.5を週2回使用しただけで

A反応がでまくり、しんどくなってしまう人も

います。

逆に、毎日使用してもびくともしない人もいます。

A反応が出やすい人からは想像もつかない超人世界です。

そんな超人ハルク

(↑超人ハルク。)

には、

トレチノインでもいいのですが、

トレチノインは若干容器やテクスチャーの問題で

使用しづらいので

ARナイトリペアという選択肢もあります。

ARナイトリペアはZOシリーズの中で最強のレチノール製品。

私はこわくて近寄れませんが、

オバジ先生は週1本使うって言ってました。

まさに

ハルク。

実はレチノールの序列でいえば、

ARとスキンブライセラム0.5の間に

Wテクスチャーリペアがはいりますし、

スキンブライセラム0.25という新製品も先日発売されましたが、

使用量や使用頻度でコントロールが可能なので

この二つは当院にはおいておりません。

自分自身の肌にあったビタミンAの製品を探すまでに、

少し時間とお金がかかりますが、

上手くスキンケアにとりいれると

ググっと肌が若返っていきますよ。(^^)

??????

前の投稿

トレチノイン、レチノール、バクチオール、レチノアート( ;∀;)②

次の投稿

背中~腰のお肉がとれないなら、クールスカルプティング

最近の投稿

2024/06/14

お腹痩せならクールスカルプティング

"症例写真"

2024/06/12

JSAS(日本美容外科学会)でたるみの機

2024/06/08

2月の私たち

クリニックの活動報告

もっと見る

土屋 沙緒人物写真

土屋 沙緒
Sunao Tsuchiya

京都の美容外科・美容皮膚科すなおクリニックの院長。医師として、そして一女性の立場から、ちょっと役立つ美容情報をお届けします。

タグ

まずは
お気軽にご相談ください

お電話から予約する
WEBから予約する

医師勤務予定表

診察時間(受付時間)

休診日 10:00~19:00 9:30~17:30 10:00~18:00 9:30~17:30 10:00~19:00 9:40~18:00
  • クーポン配信中
LINE予約 WEB予約
ページトップ