お電話から予約する

どちらの番号でもご予約を承っております

WEBから予約する

閉じる

お電話から予約する

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います。

どちらの番号でもご予約を承っております

  • ※12時から13時の間は繋がりにくいことがございます。
  • ※予約フォームやLINEのご予約は24時間対応しております。
    (営業時間外のご対応については翌営業日にご返信させていただきます)

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

しみの治療の補助療法と中学受験の社会

先日、子供の塾の個人面談に夫婦でいきました。

もうすぐ5年生ですが、社会の受講を増やすかどうか・・・。

両親ともに社会は夏くらいからいいんじゃない?それより算数じゃない?

という考えでしたが、先生はもう始めなさいというスタンス。

「いや、あれはきっと塾の戦略だよ。」

「社会の受講者が少ないから増やせって、たぶん上から言われてるんだよ」

と、帰り道、夫婦でウンウンとうなずきあって帰ってきました。

(でもいま、また不安になってやっぱ始めようか、なんて言ってるんですけどね。)

本当にこちらのことを思って言ってくれているのか

売り上げ伸ばしたいから言ってるのか

その区別って難しいですよね。

でね、しみの治療で、私も含めうちのドクターがレーザーするときに

外用やら内服やら、出すじゃないですか。

でもそれについて、私たち夫婦と同じように

疑っている人がいるに違いないなあと思い至ったわけです。

「売り上げあげたいのかな~」

「レーザーだけやってくれればいいのにな~」って。

違うんです~(。、)

美容の専門書や論文にた~んと書いてあるんですが

レーザー単独治療というのは、

全く推奨されない

むしろ「やっちゃだめ」と言われるくらいの

ダメダメ治療で

特に私たちアジア人では

お金の無駄になるケースが多発してしまうのです。

レーザーというのは肌の中に炎症を起こします。

その炎症を上手にコントロールしたり、

肌代謝を上げていかないと

レーザーでメラニンを瞬間的に破壊しても

すぐに新しいメラニンができてしまい、

無駄になる、または、かえって悪化することさえあるんですよ。

というわけで、あなたのためを思って言っています。

あなたのためにまっすぐです。

外用内服大事ですよ~。

社会どうしよう・・。

前の投稿

脱脂+脂肪注入(CRF)のモニターさん

次の投稿

12月8日にウェビナーがあり

最近の投稿

2024/06/14

お腹痩せならクールスカルプティング

"症例写真"

2024/06/12

JSAS(日本美容外科学会)でたるみの機

2024/06/08

2月の私たち

クリニックの活動報告

もっと見る

土屋 沙緒人物写真

土屋 沙緒
Sunao Tsuchiya

京都の美容外科・美容皮膚科すなおクリニックの院長。医師として、そして一女性の立場から、ちょっと役立つ美容情報をお届けします。

タグ

まずは
お気軽にご相談ください

お電話から予約する
WEBから予約する

医師勤務予定表

診察時間(受付時間)

休診日 10:00~19:00 9:30~17:30 10:00~18:00 9:30~17:30 10:00~19:00 9:40~18:00
  • クーポン配信中
LINE予約 WEB予約
ページトップ