お電話から予約する

どちらの番号でもご予約を承っております

WEBから予約する

閉じる

お電話から予約する

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います。

どちらの番号でもご予約を承っております

  • ※12時から13時の間は繋がりにくいことがございます。
  • ※予約フォームやLINEのご予約は24時間対応しております。
    (営業時間外のご対応については翌営業日にご返信させていただきます)

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

どこからが「やりすぎ」?

よく、患者さんから

「自然に仕上げてください」

と言われます。

「あまり急に変わりすぎるのは嫌です」

とも。

わかります。

その気持ちはよ~く、わかります。

でも、まったく変わらなかったり、

非常にわずかな変化しかないような治療では

これまた満足してもらうことはできません。

変化を求めて来ていただいているのだから、

当たり前ですよね。

そこが難しいところ。

この悩み

結構、日本人に特有かもしれません。

どのくらいの変化が

「少し」と感じるのか

「大きな変化」と感じるのか

これも、人によって異なります。

私は大体、その方の治療歴をうかがって

どのくらい美容医療に慣れている方なのかを把握し

あとは、お話しをする中で

どのくらい変わりたいと感じているのかを

探ります。

あとは勘です。(ごめんなさい)

もちろん、どういうことをすると

どのくらい変化が見込めて

ダウンタイムはどのくらいか、など

お話しさせてもらいますが、

それで想像が本当にすっかりつく、という人は

少ないのではないかと思います。

「不自然」だと人が感じるのは

①左右の対称性が著しく損なわれているとき

②逆に左右があまりにも対象なとき(盲点)

③形態の連続性が損なわれているとき

④年齢と比較してあまりにも若い容貌・装いであるとき

⑤肌に異常なむくみを生じるなど色調や質感の変化があるとき

⑥通常存在しない凹凸が存在するとき

⑦平均的な形態から逸脱する形態となっているとき

などでしょうか。

施術後の一時的な不自然さは仕方がないとしても、

恒久的に①~⑦のような状態が続くと

非常に残念な結果となり、

患者さんは「生きづらく」なることがあります。

不自然でなく

やりすぎた感じのない

美容。

これからも考え続けていきます。(^^)

前の投稿

しみレーザー治療後の色素沈着

次の投稿

ピコフラクショナル 症例写真

最近の投稿

2024/06/14

お腹痩せならクールスカルプティング

"症例写真"

2024/06/12

JSAS(日本美容外科学会)でたるみの機

2024/06/08

2月の私たち

クリニックの活動報告

もっと見る

土屋 沙緒人物写真

土屋 沙緒
Sunao Tsuchiya

京都の美容外科・美容皮膚科すなおクリニックの院長。医師として、そして一女性の立場から、ちょっと役立つ美容情報をお届けします。

タグ

まずは
お気軽にご相談ください

お電話から予約する
WEBから予約する

医師勤務予定表

診察時間(受付時間)

休診日 10:00~19:00 9:30~17:30 10:00~18:00 9:30~17:30 10:00~19:00 9:40~18:00
  • クーポン配信中
LINE予約 WEB予約
ページトップ