休診日 日曜

075-254-7331
075-254-7338

どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

すなおクリニック院長の美容情報ブログ

眼瞼下垂手術~上瞼の左右差を解消

2022/11/30

こんにちは。

 

 

本日は片側の眼瞼下垂を生じていらした患者さんの

 

 

ご報告です。

 

 

(無理を言いましてモニターさんになっていただきました。

 

 

ご協力、誠にありがとうございます。)

 

 

 

 

 

 

 

手術前の状態ですが、

 

 

 

 

 

 

 

このように二重ラインに左右差があり、

 

 

また、写真向かって左(ご本人の右眼)には

 

 

眼瞼下垂症が認められ、黒目の出方に左右差を

 

 

生じていらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

眼瞼下垂症をしっかり治すには

 

 

挙筋前転法やミューラー筋短縮などを行う必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

挙筋前転法とは、上眼瞼挙筋という筋肉を縮めるように

 

 

瞼板という軟骨に腱膜を縫合する手法。

 

 

挙筋前転では十分な開瞼が得られない方には

 

 

術中判断でミューラー筋の短縮術を併せて行うこともあります。

 

 

 

 

 

また、単に機能を改善すればよい保険診療と異なり

 

 

私たちは美容外科医ですので

 

 

美容的側面も大切にして手術を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 


​​​​​​

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重ラインは平行型をご希望されました。

 

 

蒙古ひだがあまり発達されていないため

 

 

目頭切開を加えなくても綺麗な平行型となりそうでした。

 

 

私たちはできる限り最小限の手術で計画するように

 

 

心がけています。

 

 

 

 

手術前 手術前 右側(向かって左)の挙筋前転法と左側(むかって右)の全切開法をさせていただきました。

向かって左(ご本人の右側)の眼瞼下垂が改善し、二重ラインが綺麗にはいりました。

 

 

 

 

 

 

モニターさんにご協力いただいた方、

 

 

ありがとうございました。

 

 

これからの毎日が

 

 

楽しくなられますように!

 

 

 

 

眼瞼下垂症手術・全切開法のリスクは

 

 

出血・感染・創部離開・左右差を生じる・下垂再発・

 

 

下垂の改善不足

 

 

などです。

 

 

 

 

 

 

 

料金は全切開法両側で税別30万円

 

 

眼瞼下垂症両側で税別35万円

 

 

今回のように片側ずつ異なることをさせてもらう場合には

 

 

30万円と35万円の平均をとり、

 

 

32万5千円(税別)をいただいています。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

症例検索

まずはお気軽に
ご相談ください

無理な治療の押しつけはいたしません。
お一人お一人のお悩みに真摯に向き合います

診療時間
月 10:10~17:30
火 9:40~19:00
水 10:10~19:00
木 9:40~17:30
金 10:10~19:00
土 9:40~18:00
日 休診日

医師勤務予定表
カレンダーの日付ごとに、担当医師と勤務予定時間を掲載しております。

※iPhoneのSafariをご利用でカレンダーが表示されない場合は、Safariの設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにご設定いただくか、chromeのブラウザをご利用ください。

075-254-7331
075-254-7338
どちらの番号でもご予約を承っております

カウンセリング予約

症例写真や最新の美容情報をお届け!
すなおクリニック公式SNS

上に戻る